So-net無料ブログ作成

アトピーを治すためには薬より保湿剤 [アトピー]

スポンサーリンク





アトピー性皮膚炎にかかる時には、肌の乾燥が一番悪いということは最近だれもがわかって来ています。
アトピーの症状が出る前に、乾燥肌対策をすることは大切なことです。
それでは、アトピー性皮膚炎にかかったあとに乾燥肌対策をしても意味はないのかというと、アトピー性皮膚炎にかかった後でも問題はありません。
そもそも乾燥肌がなぜアトピー性皮膚炎に良くないと言われるのでしょうか。
その理由がわからないと、保湿剤を使って保湿してもどういう感じになるのかがわかりません。
使う理由がわからないで、使う時ほど怖いものはありません。
アトピー性皮膚炎の発症理由としては、肌のバリア機能が低下して細菌が増加して、その中にいる悪い細菌まで増加してしまいますのでその点が理由で保湿をすることで乾燥肌をなくすことをしてみましょう。
保湿をすることで肌のバリア機能を強化することになり、外敵から守ることができます。
なぜ肌の乾燥が悪いかということをもっと医学的に詳しく話します。
角質層の細胞間脂質が不足してしまい、水分を閉じ込めることができなくなります。
そうなると外部からの侵入も受けやすくなり、そこに誇り・ダニ・ウィルスなどから侵入をされてしまいます。
侵入されることで、アトピー性皮膚炎の症状がでてきます。
それだけではなく、紫外線の影響も受けてしまいますので、乾燥肌は別名アトピー肌といわれていて、アレルギー反応を起こすことが影響してアトピー性皮膚炎の症状がでてきます。
アトピー性皮膚炎には乾燥肌を治すことが一番早い要望法でもありますし、治療法でもあります。
そこで、保湿剤で保湿をすることが一番の方法ですが、保湿剤であればどんなものでもいいのでしょうか。
ほんとうにそうなのでしょうか。
実際に、保湿剤を使用して乾燥肌が治り、その後アトピーにはかからなくなったという人もいます。
その反面、保湿剤を使用することでアトピー性皮膚炎の症状が悪化したという人もいます。
保湿剤を使って、アトピー性皮膚炎が悪化した人がいるからといって、保湿をしないほうがいいということはありません。
保湿は間違いなく、アトピーの症状を発生させないことができますし、既にアトピーの症状が出ている人は、その症状が軽減されて、楽になります。
保湿剤には、2種類あり、ワセリンのように膜を張ることで、吸収している水分を外に逃がさないようにするタイプの保湿剤と、保湿剤に含まれている成分で、水分を吸収して、保湿をするタイプがあります。
このように、保湿剤といっても、効果が違うものがあります。
どちらも、アトピー肌を改善して潤いのある肌にするには適しています。
ただ、注意をしてもらわなければいけないことがあります。
同じ保湿剤でも、症状を悪化させる場合もあり、使用する保湿剤の成分によっては、合わない人もいます。
合わなければ、肌の状態が悪化することもあります。
それが保湿剤を使用しないほうがいいということでもあります。
自分にあった保湿剤を使用することで、乾燥肌が良くなりハリのある肌に変わることになります。
アトピー性皮膚炎のためだけではなく、肌自体が若返ることになります。
ここで、間違った保湿剤を使用しないためにも、保湿剤について知る必要があります。
肌の表面に油膜を張り、水分の蒸発を予防するものとしてワセリンタイプの保湿剤で、その保湿剤を塗ることで、肌の表面に膜を張ります。
ただ、ワセリンの種類によっては、アレルギー反応を示してしまい、その後、悪化するということになります。
ワセリンの成分の問題で、純度が高いワセリンを塗ることで、そのアレルギー反応を抑えることができます。
白色ワセリンなどの純度が必要で、プロペトや一番純度の高いサンホワイトを使用すると、アレルギー反応を起こすことはありません。
ワセリンを使用する前に、まずはパッチテストをして自分に合うワセリンを探してアレルギー反応を示さない安全なワセリンを使用してください。
ただ、ワセリンは、どうしてもベタつくところがありますので、植物性の保湿剤でホホバオイルや馬油などはベタつかずに気持ちよく使うことができます。
それでは、ホホバオイルや馬油を使えばいいのではないかと思いますが、効果が高いのはワセリンです。
表面に膜を張るような保湿剤の場合は、どうしても皮膚呼吸ができないため、アトピー以外のニキビなどの原因にもなりますし、皮膚呼吸ができないというのはよくありません。
これらのタイプの保湿剤を使う場合は、風呂に入るときには保湿剤を必ず落とすようにしてください。
そうしないとアトピー意外の病気になる可能性があります。
そしてもうひとつの保湿タイプとして角質層での保湿剤もあります。
こちらの保湿剤の場合は、塗ることで、角質層まで入り込むことができます。
浸透した保湿剤が、角質層の隙間に入り込んで、その保湿剤により水分を自分自身で吸収します。
吸収した細胞が保湿をしてくれますので、バリア機能が回復してからアトピー性皮膚炎にかかりにくくなります。
アトピー性皮膚炎の予防にも抜群の効果があります。
このタイプの保湿材にはヒルドイドというものがあります。
ヒルドイドの場合は、ヘパリン類似物質を含んでいまして、これが水分の吸収力があります。
保湿剤としては、ヒルドイドクリーム・ヒルドイドソフト軟膏・ヒルドイドローションがありますが、その中でもヒルドイドクリームの場合は、ほかに含まれている成分でかぶれたりする場合もあります。
使った感じでは、肌の表皮に膜を張るタイプに比べると、保湿剤の成分自体が保湿するタイプは見た目では効果がないように感じがちですが、間違いなく内部でその効果が出ていますので、私としてはこちらのクリームの方を勧めします。
どうしても、内部で保湿をするタイプでは心もとないと感じる場合は、ワセリンタイプの表面に膜を張るタイプも一緒に使うことで、2重の保湿効果があると思います。
保湿剤は化粧品にも使用されているものもありますので、女性の場合は顔などの化粧をする人には、セラミド配合の化粧品を使うと一石二鳥ではないでしょうか。
ただ、面白いことに砂糖が保湿の効果的だという人もいます。
安価な砂糖なので、これで保湿効果が出るのであれば、これに越したことはありません。
砂糖自体に、水分の吸収力が高く、保湿性も持っています。
よく使われるヒルロイドというものは、砂糖と同じ構成がされているということす。
佐藤自体をそのまま肌にすり込んでも粒子が大きいため肌には聞きませんが、砂糖と同じ成分のものを使うことで保湿効果を高めることになります。
その上、副作用など全くありませんので、利用価値は高いと思います。

スポンサーリンク





アトピー性皮膚炎で一番耐えられないのがかゆみです。
症状としては、赤く腫れたりかゆみが出たり、カサカサ肌になったりしますのが、一番耐えられない症状がかゆみです。
このかゆみを取るために病院に行き、ステロイドと言われる薬を常用するようになります。
人間は、かゆみに対しての耐えることが苦手で、とてもかゆみを我慢し続けることはむつかしいことです。
そんな中、ステロイド剤が体に悪いと分かっていても、使ってしまうのは、その薬が体の痒みを一番とってくれる薬だからということもあります。
あtp-性皮膚炎の治療薬としては、ステロイド剤は昔からありますが、副作用もあるということはだれもが知っていることです。
ただし、ステロイド以外の特効薬がまだ出ていないというのが現状で、今でも病院に診察に行って、後p-性皮膚炎と診断されると、処方されるのがステロイド剤です。
ステロイド剤以外のものを病院で処方されることは今でもほとんどありません。
病院によっては、漢方薬を処方される場合もありますが、アトピー性皮膚炎の症状を抑える能力で言えば、ステロイド以上の薬が出てきていないのが実情です。
アトピー性皮膚炎の減少というのは既にはっきりとわかっていますが、その現象に対する治療薬というのが、医学的にはまだ出てきていないのが現状です。
ステロイド剤を使う場合は、できるだけかゆみ等は我慢でるだけ我慢をして、どうしても我慢できないくらいの痒みを感じるようになった時に、短期間だけ、ステロイド剤を使用するようにしてください。
とは言え、なかなかステロイド剤をやめられない現状もあります。
ステロイド剤を塗ると、瞬時にかゆみが撮れますので、どうしてもステロイド剤という薬に頼ってしまいます。
人間は弱いもので、これだけ副作用があり害がある薬と分かっていてもステロイド剤を使うこと辞めることができません。
私もアトピー性皮膚炎二かかったことがありますが、その時もかゆみがすごくてどうしても耐えらなくなり、病院で、ステロイド剤をもらってから塗りましたが、塗って直ぐにかゆみが軽減されてきて、次第に赤い湿疹も引いてきますので、どうしても使ってしまいます。
これはどうしようもないことですが、できればステロイド剤を使用しないで、ほかの薬を使用するようにしてください。
私の場合は、一旦ステロイド剤で症状が軽減されてきましたが、その後また、直ぐに発信屋かゆみが出てきて、それも以前の症状よりもひどい状態となり、いま使っているステロイド剤では効かなくなってきました。
そこで、また病院に行ってもっと強いステロイド剤を処方してもらうことにしました。
ただ、このままステロイド剤を使用し続けていくと、そのうちにステロイド剤で効かなくなるのではないかと思うようになりました。
そこで、ほかに何かないのかを先生に聞いて、アトピー性皮膚炎がある程度収まってきたらストロイド材ではなくて、免疫抑制外用薬があるので、こちらを使用するようにしてはどうかと提案がありました。
免疫制御外用薬というのはどういった薬なのでしょうか。
免疫制御外用薬というのは、免疫反応を抑えてくれる役割を持っていて、ステロイド剤を長期間使うことに抵抗がある場合か、ステロイド材で十分な効果が出ない人がこの免疫制御外用薬を使うと非常にアトピー性皮膚炎を長期的な治療で治すことになります。
ステロイド剤の効果で肝ゲルト、中程度の効果を免疫制御外用薬は位置されていて、ある程度の効果があり、副作用もないので長期的に使用する人にはおすすめの薬です。
ただステロイド剤であれば、アトピー性皮膚炎の症状が軽い場合でも良く聞きますが、免疫制御外用薬は、どうしても正常に近いアトピー性皮膚炎の場合はなかなか皮膚の下部まで浸透しにくいという薬なので、アトピー性皮膚炎を完治させるのはむつかしいかもしれません。
そんな場合は、飲み薬も合わせて使うとまた効果的になると思います。
ステロイド剤の飲み薬もあり、高ヒスタミン薬や高アレルギー八雲あります。
当然ステロイドの飲み薬は、塗薬で効かなくなったような場合に、ステロイドお飲み薬を飲むようにすれば非常に効果がでてきます。
ステロイドの飲み薬は非常に強力で、医師の指示なしに勝手に服用を再開したり、途中でやめたりすることはしてはいけません。
それだけ強力なステロイド薬となりますので、これ以上の薬はないというくらい強い薬になります。アトピー性皮膚炎にかかった人は必ずと言っていいほど、病院ではステロイド剤を処方されるのと同時に、ステ折戸の飲み薬を処方されることが多いです。
ステロイド剤だけでは、アトピー性皮膚炎を抑えることができなくなりますので、飲み薬も一緒に処方されています。
ただ、ステロイドの飲み薬を長期間服用するのはあまり良くありません。
ステロイドの飲み薬を服用する場合は、医師と相談して服用自体をきめていく必要があります。
それだけ強い薬ということで、注意が必要になります。
抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬も痒みを止めてくれて症状を悪化させないことができます。
この薬は、アトピー性皮膚炎だけではなく、鼻炎・花粉症・じんましんなどにも効果的です。
他には、もっと効果的な薬として、免疫抑制薬がありますが、これは子供が服用できなくて16歳以上限定の患者のみが服用できる薬になっています。
この薬は結構強くて、服用は制限されています。
この薬にも副作用がありまして、服用中に血液が上がったり、肝臓の機能が低下したりする可能性があります。
そうならないためにも医師との相談後、どのように服用するかを決めから飲んでいたほうがいいと思います。
ここまで、塗り薬や飲み薬もありますが、使用する薬によって使用期間や使用量などを決めないといけないような強い薬から、症状が軽い場合だけ使用して効果が出てくる薬など色々とあります。
ただ、どの薬を使用しても、アトピー性皮膚炎が完治しないということだけわかりました。
関知しない薬をいつまでも飲み続けていいのでしょうか。
ほんとうにこれでいいのだろうかと思います。
ただ、アトピー性皮膚炎を完治させるには、薬を飲むだけではいけないと思います。
薬の代わりになるものを探さないといけないと思うようになりました。
薬だけでは、アトピー性皮膚炎は完治しないということです。
そこで私がおすすめはサプリメントです。
サプリメントであれば、副作用もなく毎日飲み続けることもできます。

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。