So-net無料ブログ作成

アトピー性皮膚炎の彼氏に食事を [アトピー]

スポンサーリンク





私は今、彼氏と同棲をしています。
付き合い始めたときはアトピー性皮膚炎にかかっていなくて、肌もスベスベで、綺麗な肌をしていた彼氏でしたが、細菌アトピーにかかってしまい、顔全体に発疹や腫れが目立つようになってきました。
彼氏に顔大丈夫と聞いても、大丈夫と返してきますが、いつも顔のどこかを掻いているようで、痒いのだろうなとは思っていましたが、本人があまりアトピーの件には触れられたくないようなので、そのときは聞き流していました。
彼氏が風呂に入るときに、背中をみるととんでもないくらいの湿疹が背中全体に出ていたので、これはいくらなんでもなにか治療をしなければいけないと思いました。
とりあえず、彼氏が痒くて手が届かないところは、私が代わりに掻いてあげました
それでも、これだけアトピーの症状が出ているのであれば、病院に行ったほうがいいと思い、嫌がる彼氏を連れて、皮膚科へ連れて行きました。
先生の診断では、間違いなくアトピー性皮膚炎です、ということで塗り薬を処方してくれました。
それから、毎日風呂上がりにはその塗ぐすりを塗って上げています。
症状も少しずつ良くなってきていまして、ただ、この薬だと、症状を軽減しているだけで、アトピーの治療にはならないということを、私の知識としてありましたので、彼氏のアトピーの治療のために、いろいろと改善しないといけないことがあるなあーと思っていました。
とりあえず、病院からもらった薬で症状の軽減に毎日薬を塗っています。
薬を塗っていても、彼氏は意識していないようですが、知らないうちにポリポリと発疹していて痒いところを「書いているようです。
なんとかして上げたいと思って、いろいろと本とかでアトピーの治療を探っていると、出てきました。
食事療法が一番やらなければいけないことで、今の彼氏の食事を見ていると、インスタントラーメンやコンビニのお弁当にウインナーなどの加工食品ばかりを毎日食べています。

同棲はしていますが、時間帯が違うので、食事に関してはお互いが、自分で食べるように決めていましたので、仕方がありませんが、これはちょっと改善しないといけないと思い、私が料理をして、冷蔵庫に入れておくことにしました。
彼氏にそのことを話すと、大変喜んでいました。
私の大好きな彼氏なので、なんとかしてあげたいと思い、食事は私ができる限り作るようにすることにしました。
食事はできるだけ油っぽいものは食べさせないようにということで、できるだけゆがいた肉を食べさ得るようにしています。
特に鶏肉のささみを中心に料理を作るようにしていて、本当は魚が一番いいのですが、魚は彼氏があまり好きではないので、できる限りささみ中心で湯で料理で食べさせています。
野菜をたくさん取ったほうがアトピーにはいいということで、野菜サラダを毎日食べさせています。
食べ方にも工夫があり、まずは、野菜を先に食べてから肉などを食べたほうがアトピーにはいいということで、私が一緒に食べる時には必ず野菜を先に食べるように彼氏には進めています。
彼氏も可愛いもので、私が言ったことを忠実に守ってくれて、ほんとうに助かります。
そのかいあってか、アトピーの発疹が背中に出ていたものが、ほとんどでなくなっていて、彼氏も背中はあまり掻かなくなりました。
それだけでも進歩したと思っていますが、実はまだ、全く症状が変わらない場所があって、彼氏の顔の湿疹や腫れが全く以前と変わっていなくて、食事の改善だけではダメなようです。
そこど、次の対策として、風呂で使う石鹸屋シャンプーを帰ることにしました。
これも調べた時に載っていたことですが、石鹸やシャンプーを使うとどうしても一番敏感な顔の部分に強力な刺激を与えてしまいますので、化学物質の入っている石鹸やシャンプーは使わないように自然素材の石鹸やシャンプーを買い直しました。
私としては、ちょっと値が張りましたので、買うのを躊躇しましたが、大好きな彼氏のことを考えると、やはり買うことにしました。
私も今、同じものを使っていまして、肌に非常にいいものだと使っていてすぐにわかりました。

たぶんこれであれば、彼氏の顔にも効果が出るのではないかと思っていました。
それから約1ヶ月ほどして彼氏の顔を見ていると、徐々にですが、腫れが引いてきているように見えます。
間違いなく効果が出ているものだと思っています。
これで、彼氏のアトピーが改善されればいいとは思いますが、アトピー性皮膚炎に関しては、ほんとうに治療するのが大変だなーとつくづく感じました。
ここまでのことをしなければ、アトピーは治らないということに私自身始めて知りました。
病院の薬だけでは関知しないということは聞いていましたが、食事から肌に使うものまでいろいろなっことに気を使わないといけないので、大変です。
こんな治療が必要であるとなれば、医者が食事や肌に使うシャンプーや石鹸に至るまで、アドバイスをすることは無理に近いと今更ながら思いました。
慰謝としては薬で治すことができないということを分かってはいるのですが、治療にこられた患者には、今ある薬でアトピーの症状に一番効果的なものを利用するというのは間違ってはいないと思います。
ただ、薬を処方するときには、このクスリだけでは治りません。
食事療法なdほかの改善策と一緒に薬を使うことが必要ですよ、ぐらいいって欲しいものです。
アメリカでは、薬ではなくサプリメントを進めるみたいですが、日本でも副作用があるステロイド剤を処方するのではなく、アトピーに効果的なサプリメントでも勧めてくれた方がまだましだと私は思いました。
これだと、アトピー性皮膚炎にかかった人は一生ステロイド剤を買い続けなければいけないではないでしょうか。
今の日本の医学は、間違っているのではないかと疑問に思いました。
そうは言っても、彼氏が無事にアトピーの症状が、背中からも、顔からもなくなりましたので、ホッとしています。
彼氏自身も、私のおかげだと大変喜んでいました。
彼氏が良くなればそれでいいかと思うことにしました。
しかし、アトピー性皮膚炎に一回かかるとあとはとんでもないことになるなーと思いました。
アトピー性皮膚炎に掛かる前に、予防対策をするようにしたほうがいいと改めて思いました。
これから毎日、彼氏のためにいままで通リ料理を作ってあげたいなと思います。
なんか、アトピーに彼氏がかかったおかげで、2人の中が良くなったようにも感じます。
今の関係がいつまでも続きますように、アトピーのおかげです。
アトピー性皮膚園はたんある湿疹とかゆみだけなので、すぐに良くなるのではないかと思っていましたが、想像以上に治療がしにくい病気なんだと今更ながら思い知らされました。
彼氏の方も、アトピーがこんなに辛いものだと、始めて感じたようです。
アトピー性皮膚炎になる前に予防対策をされることをおすすめします。


スポンサーリンク





アトピー性皮膚炎にかかった場合には、どうしてかかったのだろうと思うときはありませんか。
そんな時に一番に何を考えますか。
何がどうということはありませんが、アトピー=生活の乱れではないでしょうか。
そうなりますと、食生活を改善しないといけませんが、その中でも食事の改善は必要不可欠なことです。
ただ、アトピー性皮膚炎にかかってしまうということは、何が原因かをはっきりとさせなければいけません。
食事がほんとうに、アトピー性皮膚炎の原因なのかどうかを判断する必要があります。
そのためには、現在どのような食事をしているかを洗い出さなければいけません。
実際のところ食事ではないかもしれませんので、その点はしっかりと把握してからどうするか決めなければいけません。
まずは、メイン料理にはどんな物を食べているかが大事です。
メイン料理で、まず食べているものを洗い出しましょう。
食事の中で1番ボリュームがあるメインの料理に牛肉や豚肉など油っぽい食材を利用していないでしょうか。
牛肉や豚肉などをよく食べている場合は、要注意です。
食事を変える必要があります。
牛肉や豚肉をよく食べるような食事の場合ですと、間違いなくアトピーにはよくありません。
そんな食事をするようでは、今アトピーにならなくてもいずれアトピー性皮膚炎にかかる可能性が高くなります。
そこで、考えていただきたいのが、脂分を取りすぎると皮膚にはあまりよくないということです。
肉であれば、ささみなど、淡白なものを食事では食べるようにしたほうがいいと思います。
そこで、食事のメイン料理として1番おすすめは魚です。
それも白身魚がアトピー性皮膚炎には効果が出ます。
そんなアトピー性皮膚炎に有効な食事のメイン料理には、肉類でもササミなど蛋白なものを食べるようにして、決して牛肉や豚肉は食べ過ぎないようにしてください。
その代わり、魚をメインに食事を摂るようにすれば、アトピー性皮膚炎には効果的です。
食事のときのメイン料理はこのようにすれば間違いなくアトピー性皮膚炎には有効な食材となります。
次に、副菜には何を食べていますでしょうか。
野菜を食べていますでしょうか。
野菜を食べているかどうかで、全然変わってきます。
野菜は消化を促すのと、メイン料理のりょうが少なくて済むように、補助してくれます。
野菜料理を食事の最初に食べることで、よりアトピー性皮膚炎には効果的な食事となります。
野菜中心の食事を摂るようにすれば、アトピー性皮膚炎とは無縁の物になります。
しかし、それだけではまだ足りません。
食事以外でも注意をしないといけません。
食事以外で、感触をしたりする場合は、砂糖類はなるべく取らないようにしてください。
砂糖等はアトピーには非常によくありませんので、より多くの砂糖の摂取は、アトピー性皮膚炎にかかる、最も悪い食べ物です。
野菜をメインで食事をとるようにして、なるべく肉類は避けるようにしたほうがいいと思います。
そうすることで、アトピー以外の成人病への対策にもなります。
皮膚にいい影響を与えるのが、野菜をたくさん食べることですがそんなに野菜を食べることはできないと思います。
やはり、子供には野菜や魚より肉が好きなので、どうしても肉を食べさせないというわけには行かないと思います。
そんな場合は、鍋料理にして、少しでも肉の油を落としてから食べるようにしてください。
更には、鍋には野菜をたくさん入れますので野菜を食べることにもつながります。
日本の鍋料理は、野菜を取れてそれに肉の油を極端に落としてくれますので、病気になりにくい料理ということになります。
鍋料理は、昔からありますので子供もこれであれば、食べてくれるのではないでしょうか。
このように、食事が原因でアトピー性皮膚炎にかかった場合は、食べる食材に大きく影響してきていると思います。
何を日頃食べていたのかを、しっかりと思い出して、アトピーには良くないであろう食材はなるべく食べないような食事にする必要があります。
牛や豚の肉を食べたい時には、少しでもあぶらを落とせるような食べ方をするようにするのと、食べる回数を減らすようにしてください。
何かを変えないと、アトピー性皮膚炎の症状は軽減できません。
治療のためと思い、少しでも食事を見直す必要があります。
それだけ、食事は大切なものですので、日頃どんな料理を食べているのかを考え直すことも大事です。
大人は、そこまで今から話をします飲み物を飲まないと思いますが、子供は要注意です。
子供は炭酸飲料や、糖分たっぷりの飲み物が大好きです。
子供が好きだからといって、飲みたいものを飲みたいだけ飲ませていると、間違いなくアトピー性皮膚炎に真っしぐらです。
炭酸飲料は間違いなくアトピー性皮膚炎にはよくありませんので、絶対に飲まないようにしてください。
あとは、缶コーヒーですが、子供はあまり飲まないと思いますが、大人の場合は、よく缶コーヒーを飲むのではないでしょうか。
缶コーヒーを飲む場合は、ブラックをできるだけ飲むようにしてください。
砂糖入りは、微糖の場合でも相当量の砂糖が中には入っていますので、アトピーには全くよくありません。
ほかにもアトピー性皮膚炎にはよくない食事としては、カレーやからしなど香辛料の強いものは、アトピー性皮膚炎には決してよくありません。
これはなかなか難しい食事になるかもしれませんが、一旦アトピー性皮膚炎にかかってしまうと、どうしても制限をしなければいけなくなります。
そうならないためにも、少しでもアトピー性皮膚炎とは無縁の食事をとるようにしてください。
あと、これも大事なことですが、酒も控えるようにしてください。
お酒が弱い人だと、お酒を飲んだあとに湿疹などが体中に出る人がいると思います。
そんな人は絶対にお酒は飲まないようにしてください。
そうしないと、すぐにアトピーとまではいかなくてもアレルギー反応を示してしまう可能性があります。
毎日の食事を作る時に、どんな食材を使って調味料はどんなものを使うかなどをしっかりと考えてから、料理を作るところから始めてください。
何も考えないで作っていると、アトピー性皮膚炎になってしまうことになりかねません。
アトピー性皮膚炎と食事というのには大きく関係していますので、コノ店はしっかりと頭に入れてアトピー対策を取る必要があります。
食事の内容を見直してみて、現在アトピーの方は、変えないと絶対にアトピーは治りませんので、その点はしっかりと考えてから食事をするようにしないといけません。


スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。